140キロ投げる!日本橋茅場町で働く税理士です

税理士になってブログを始めた理由を3つ考えてみました

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1978年9月30日生まれ。 春日部育ち、渋谷区在住。 「雇われない・雇わない生き方」をするひとり税理士。 ひとり、もしくは少人数で活動している事業主(経営者)のサポートを中心に活動しています。
詳しいプロフィールはこちら

ブログを始めたい、始めなきゃと考えてから1年以上が経過していました。。。

自分自身の意思だけではこのまま無為に時間が過ぎてしまうと感じ、敬愛する税理士先生のもとで先日指導を受けてきました。
SA1

過去の自分から未来の自分を創る

これまで37年間生きてきて、経験したことや感じたことにつき備忘として何も残してきませんでした。

・1年前の自分と現在の自分は何が違っているのか

・10年前の自分と現在の自分は何が違っているのか

今、改めて考えてみてもはっきりとは思い浮かびません。

 

ブログを書くことで、

・現在の自分と1年後の自分

・現在の自分と10年後の自分

の何が違って、どんな成長ができたか。

そして、その違いから何か感じ得られるものがあるのではないか、むしろ感じ得られるようにしなければなりません。

 

 自分から発信することの重要性

情報化社会、と言われて久しいですが、インターネットの普及により情報が氾濫しています。

ネット、テレビ、スマホはいずれも受動的な行為であり、いつしかそれに慣れてきてしまっています。

意識的に自発的発信をする行動を起こし “考える力” を身に着けることが重要であり、また、将来的にその力は、(精神的に)豊かな人生を歩んでいく上で必須のものになるでしょう。

 

 アウトプットすることによりにインプットもする

自分の頭の中で理解していることを、他人に理解してもらえるよう伝えるのは中々難しいものです。

同じ価値基準の中で生活している人同士でしたら多少の言葉足らずでも伝わりますが、違う価値基準を前提とするとそうもいきません。

ブログ上で正確に物事を伝えるには、文章力、そして自分で理解しているものを、より深く考えぬく必要があります。

 

人に説明することで自分の力になる。ブログはまさにそのトレーニングに最適なのではないか、と考えています。

 

 まとめ

何よりも継続することが重要だと感じています。

ブログを日々更新されている方を見ると尊敬の念でいっぱいです。

 

そのためには、日常の行動で常に周囲を観察し、そこから何か感じる気持ちをもつことが必要になってきます。まずはそこの意識改革からですね。。。

今後は、税法、会計、経営、野球、体調管理を中心にその他都度日常で感じたことを発信してまいります!

 

拙い文章ですが、最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1978年9月30日生まれ。 春日部育ち、渋谷区在住。 「雇われない・雇わない生き方」をするひとり税理士。 ひとり、もしくは少人数で活動している事業主(経営者)のサポートを中心に活動しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 山重大二郎税理士事務所 , 2016 All Rights Reserved.