140キロ投げる!日本橋茅場町で働く税理士です

「健康マネジメント」で健康寿命を伸ばす。日々の行動が未来を決めます

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1978年9月30日生まれ。 春日部育ち、渋谷区在住。 「雇われない・雇わない生き方」をするひとり税理士。 ひとり、もしくは少人数で活動している事業主(経営者)のサポートを中心に活動しています。
詳しいプロフィールはこちら

日本は世界でトップクラスの平均寿命を誇ります。

しかし、今後は「平均寿命」よりも「健康寿命」の指標の方が重要視されるようになるでしょう。

「平均寿命」ではなく「健康寿命」を意識するのであれば、日々の行動に気をつけることが重要です。

人の手をできるだけ借りずに自由に生きる。そういう社会になっていけば、日本の未来はより明るい社会になるのかもしれません。

※越谷市民球場より

 

「平均寿命」と「健康寿命」

ご存知のとおり「平均寿命」とは生まれてから死ぬまでの平均の期間となります。

日本の「平均寿命」は男性は80.75歳女性は86.99歳(2017.3.1厚労省データより)であり過去最高のようです。

一方、「健康寿命」とは[行動に制約のある生活(例: 杖をつく、車椅子に乗る、寝たきりになる、など)]になるまでの年齢、つまり、日々の行動に何ら制約のない生活を送ることができる年齢、と言えるのかもしれません。

日本の「健康寿命」は男性が71歳女性が74歳と言われているので、男性の場合は約9年、女性の場合は約12年、日常の生活において何らかしら「誰かの助けを借りること」が必要になります。

理想は「健康寿命」を「平均寿命」を近づけていくことでしょう。

「平均寿命」だけが年々上昇して行って「健康寿命」がそのままでは、健康で健やかな国とはとても言えません。

 

「長く」ではなく「長く若く」生きることを目標に

日本人の60%は生活習慣病(がん・心臓病・脳卒中)で亡くなっています。

戦後から高度経済成長期を乗り越えてきた方たちは、当時の過酷な時代を生き抜くことで精一杯だったと思います。
当然、そんなモノ情報がない中、健康に気をつけて生きて下さい、と言ったところでご自身で調べ、そして考えて実行することは現実的に不可能だったでしょう。

しかし、現代を生きている私たちは、モノを選択することができ、多くの情報を自由に入手することもできます。

私たちは先人たちと違って、自分たちの好きな選択をすることができ、そして将来を選べる幸運な時代を生きています。

30代、40代で悪い健康習慣を身につけ行動してしまった方は、そのツケが10年後確実に来ます。

逆にこの時期に良い健康習慣を身につけて行けば、人生を最後まで健康に楽しむことができるでしょう。

どちらの “選択” をするかを決めるのは、まさに “今” なのです。

そのためには人生ゴールを「長く生きること」ではなく、「長く若く生きること」にすることも必要でしょう。

「健康」のベースとなる食事運動睡眠

この3つをベースとした健康習慣を身につけるために、日々の些細な行動の “選択” に注意して生活することが重要なのかもしれません。

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
一昨日開催されたマスターズ甲子園関東ブロック大会に、埼玉選抜の一員として参加させていただきました。
準決勝である第1戦(東京/安田学園)、決勝である第2戦(群馬/前橋育英)ともに先発ピッチャーとして投げさせていただきまして、無事0点に抑えることができました。

ダブルヘッダーの試合に両方先発するのは久しぶりだったので多少不安でしたが、キャッチャーの巧みなリード(市立浦和の伊東くんナイスリード!)、そしてバックの堅い守り(浦学の内田くんナイスキャッチ!)に助けられました。

さすが各高校の中心メンバーが集まっているだけあって、2試合とも終始相手を圧倒した試合となりました。

今回は埼玉県のみ県選抜メンバーで他県は単独での出場となっていたため、終盤は多少一方的な展開にはなってしまいましたが….。

普段対戦している好打者たちが味方にいると何と心強いことか!という安心の気持ちと、秋は対戦しなくちゃいけないんだよな〜…、という寂しい気持ちを持ちながらの試合でした。

高いレベルで行われた貴重な試合であった今回の2試合、自分なりの課題も新たに見つかったので、今後の練習、試合に活かしていきたいと思います。


※各校の代表選手をバックに投げる山重。貴重な体験です

 

【昨日の心・技・体】
心:読書(経営分析の基本/林総)
技:なし
体:腹筋トレーニング×2

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1978年9月30日生まれ。 春日部育ち、渋谷区在住。 「雇われない・雇わない生き方」をするひとり税理士。 ひとり、もしくは少人数で活動している事業主(経営者)のサポートを中心に活動しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 山重大二郎税理士事務所 , 2017 All Rights Reserved.