140キロ投げる!日本橋茅場町で働く税理士です

東京税理士会 第127回支部対抗野球大会(二日目の結果)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1978年9月30日生まれ。 春日部育ち、渋谷区在住。 「雇われない・雇わない生き方」をするひとり税理士。 ひとり、もしくは少人数で活動している事業主(経営者)のサポートを中心に活動しています。
詳しいプロフィールはこちら

大会二日目は3回戦と4回戦、合わせて12試合が行われました。

神宮軟式野球場から郷土の森野球場へ変更となった今大会。
神宮と比べ若干固めのグランドにも慣れ、快適にプレーするチームが多くなりました。

2日目を終えベスト4が出揃い、残るは4月18日に行われる準決勝、決勝となります。

 

東京税理士会厚生部ホームページより
(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

 

 

ベスト4の顔ぶれと展望

大会二日目を終え、下記のとおりベスト4が出そろいました。
……………………………………………………………………
左ブロック」→ 日本橋、中野

右ブロック」→ 上野、八王子
……………………………………………………………………

左ブロックは第一シードの日本橋と16年ぶりのベスト4入りとなった中野の対戦となった。

日本橋は3回戦で好投手右腕を擁する麻布、4回戦で中央区ダービーとなる京橋を倒し、前回大会の調子を持続している。
対する中野も強打の豊島、そして好投手を擁する品川との接戦を制し、勢いに乗っている。

準決勝以降は2時間となるため、最後の1球まであきらめないチームが勝利を掴みそうだ。

 

右ブロックは毎回上位に残る上野八王子、強豪同士の対戦となった。

投打の大黒柱である速球投手を要する上野は、3回戦で好打者の多い四谷に完封勝利。
続く4回戦も強力打線の葛飾を1点に抑え、最終日に向け準備は万端だ。

対する八王子も投打の中心であるエースの出来、そして4番を中心とした打線の繋がりがカギを握りそうだ。
初戦から準々決勝までの総得点は54。今大会ナンバーワンの圧倒的な打線で上野のエースに挑む形となる。

上野の緩急自在の絶対的エースと八王子の猛打戦。
始まりから目が離せない展開となりそうだ。

 

まとめ

私が所属する日本橋は、渋谷、麹町、麻布、京橋と強豪続きの対戦となりました。

一発勝負のトーナメントを勝ち上がるのは本当に難しく、一瞬の油断が命取りになります。

大会4連覇をかけ、試合は残り2つ。
いずれも先制点が重要となりそうです。

投手として先制点を取られないよう最善の力を尽くし、栄冠を掴めるよう準備をしたいと思います。

 

試合会場(郷土の森野球場)

今大会から会場となっている野球場は、府中市にある「郷土の森第一野球場」と「郷土の森第二野球場」です。

【郷土の森第一野球場】
JR南武線・京王線「分倍河原」駅、または京王線「府中」駅下車、京王バス郷土の森総合体育館行きバスで終点下車、徒歩3分

 

【郷土の森第二野球場】
JR南武線・京王線「分倍河原」駅、または京王線「府中」駅下車、京王バス郷土の森総合体育館行きバス終点下車、徒歩5分

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1978年9月30日生まれ。 春日部育ち、渋谷区在住。 「雇われない・雇わない生き方」をするひとり税理士。 ひとり、もしくは少人数で活動している事業主(経営者)のサポートを中心に活動しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 山重大二郎税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.