お仕事のご依頼はこちら⇒ 山重大二郎税理士事務所

【日本スポーツマスターズ2022 軟式野球】ジョルターヘッズ(東京都)が悲願の全国大会出場決定!

日本スポーツマスターズ2022岩手大会 関東ブロック予選会に東京都代表として出場のジョルターヘッズは、7月17日に行われた代表決定戦で高根沢OB(栃木県)相手に5対2で勝利し、関東代表を勝ち取りました。

これにより、9月24日~9月26日に岩手県で開催される日本スポーツマスターズ全国大会に初出場することが決定しました。

初の全国大会出場を決めたジョルターヘッズナイン(山梨県桂川野球場にて)

目次

代表決定戦(vsさいたまクラブ)

▽代表決定戦
ジョルターヘッズ(東京都)
001 100 000 1=3
000 002 000 2=4
さいたまクラブ(埼玉県)

ジョルターヘッズの対戦相手は激戦の埼玉県予選を勝ち抜いたさいたまクラブ。
さいたまクラブは都市対抗野球経験者が多数在籍する関東屈指の強豪チーム。

最後の1球まで分からない激戦だった。

2点を追うさいたまクラブは、6回二死から怒涛の4連打で一気に試合を振り出しに戻す。

両投手の好投により試合はそのまま延長戦へ突入。
延長八回、九回ともゼロが続き、いよいよ試合はタイブレークに。

先攻のジョルターヘッズは二死1、2塁から5番打者のレフト線を破るタイムリーで1点をつかみ取る。
後攻のさいたまクラブは最低でも1点を取らなくてはならない。

無死1、2塁から開始されるタイブレークだが、先頭の5番打者がダブルプレーとなり、二死3塁と追い込まれるが次打者が四球を選び2死1、3塁に。

ここで迎えるのは1番打者。
0ボール2ストライクから投じた3球目、甘く入ったボールを見逃さなかった。

強烈にはじかれた打球はあっという間にレフト線へ。
スタートをきっていた1塁走者も一気にホームインし、さいたまクラブのサヨナラ勝利で激戦の幕を閉じた。

両チームとも必死の攻防だった。

野球は最後の1球まで勝負が分からない。
改めて1球の大切さを学んだ試合であった。

 

敗者復活1回戦(vs甲府ベースボールクラブ)

▽敗者復活1回戦
ジョルターヘッズ(東京都)
002 100 3=6
001 000 0=1
甲府ベースボールクラブ(山梨県)

前日の熱戦の興奮冷めやらぬ中、試合は開始された。

幸先よく2点を先制したジョルターヘッズ。
1点差にされた四回、1番打者が四球で出塁し盗塁を試み、
捕手からの送球が逸れる間に俊足を活かし一気にホームイン。
1点を勝ち越す。

七回は4打者の2点本塁打を含め3点を追加。終盤に大きな大きな追加点となった。
ジョルターヘッズ先発投手は要所を締めて3回1失点と好投し、リリーフ投手も危なげなく無失点に抑えた。

甲府ベースボールクラブは三回二死から2番打者の2ベースと4番打者のレフト前安打で1点差に迫ったが、後続を断たれ、四回以降は散発3安打に抑えられた。

先制、追加点、ダメ押しとジョルターヘッズとしては理想の展開で試合を進めることができた。
前日から続く集中力の高さが生きた試合であった。

 

敗者復活代表決定戦(vs高根沢OB)

▽敗者復活代表決定戦
ジョルターヘッズ(東京都)
113 000 0=5
200 000 0=2
高根沢OB(栃木県)

ジョルターヘッズが序盤のリードを継投で守りきった。

前日から続いた大会。これで3試合目となる。
両チームとも疲労はピークに近づいているが、最後まで気迫のぶつかり合いとなった。

1点を先制するもその裏に逆転を許したジョルターヘッズだったが、2回に犠飛ですぐに同点に追いつく。
この同点が大きかった。

続く3回には一死から4連続長短打で一気に3点を追加。
序盤から試合を有利に進める。

高根沢OB投手陣も、四回以降はジョルターヘッズ打線を1安打に抑え攻撃陣の反撃を待ったが、序盤の失点が大きく響いた。
攻撃陣は二回以降、散発2安打に抑えられ、好機を作ることが出来なかった。

高根沢OBの上位打線はスイングが鋭く、いつ長打が出ておかしくない強力打線。
3点差ではあったが、最後の最後まで気の抜けない厳しい試合であった。

 

関東ブロック予選会 対戦結果

関東の各都県を勝ち抜いた8チームで5枠の代表を争う関東ブロック予選会。
いずれも激戦を勝ち上がってきた強豪チーム。

代表決定戦に勝利した太田市役所(群馬県)、常陸倶楽部(茨城県)、横須賀クラブ(神奈川県)、さいたまクラブ(埼玉県)、そして敗者復活代表決定戦に勝利したジョルターヘッズ(東京都)が全国大会出場を決めました。

どの試合もハイレベルで、点差に関わらず最後までプレッシャーのかかる試合となりました。
二日間で全国レベルの強豪3チームと対戦できたことは、大変貴重な経験となりました。

※関東軟式野球連盟連合会ホームページより

 

全国大会(日本スポーツマスターズ2022岩手大会)

公益財団法人日本スポーツ協会が主催する日本スポーツマスターズ。
【大会の魅力】
日本スポーツマスターズはかつてオリンピックや全日本の選手として活躍したトップアスリートと各地域で日々練習を重ねてきた選手が同じ舞台で日本一をかけて戦うことができる大会です。

2022年は岩手県で開催されます。
https://www.japan-sports.or.jp/masters/tabid64.html

行われる競技は、水泳、サッカー、テニス、バレーボール、バスケットボール、自転車競技、ソフトテニス、軟式野球、ソフトボール、バドミントン、空手道、ボウリング、ゴルフです。

軟式野球は9月24日(土)~9月26日(月)の3日間。
決勝まで勝ち進むと5試合を戦うことになります。

全国クラスのチームと対戦できるのが楽しみで仕方ありません。

残り2か月あまりですが、1戦必勝で望み、全国制覇できるよう課題を克服していきたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1978年9月 茨城県水戸市生まれ、埼玉県春日部市育ち。
東京都渋谷区在住。愛犬は3歳、娘1歳。
趣味は、野球(毎週日曜日)、愛犬の散歩。

雇われない・雇わない生き方である「ひとり税理士」として活動しています。

目次