CATEGORY

税金

  • 2018年7月29日
  • 2018年7月30日

「休眠」か「清算」か。法人の廃業を考えたらやることは…

実は会社の設立よりも大変なのが、会社の廃業。 事業を休止したにも関わらずほったらかしておくと、無駄に税金を払ってしまうケースも出てきますので、注意が必要です。   ※大宮けんぽグラウンドより     「休眠」について 休 […]

  • 2018年6月26日

非居住者が退職金を受けたときの所得税

非居住者が国外で退職金を受けた場合でも、その退職金のうち、日本国内で勤務していた期間に対応する部分の金額については、所得税が課されます。 原則的取扱いとは別に、「退職所得の選択課税」を選択することもできるので、検討を失念しないように注意しましょう。 […]

  • 2018年5月31日

外国人による確定申告書への押印は必要?

外国人の方が日本で所得税の確定申告をする機会も増えていると思います。 ただ、諸外国はサインが主流。ハンコなんて持っていないこともあるでしょう。 そんな時、わざわざハンコを作る必要があるのかどうか悩みますが….。   ※バンコク […]

  • 2018年5月30日

海外企業への「役務の提供」に関する消費税。課税?免税?不課税?

小規模企業でも海外企業との取引が当たり前のようになってきた現代。 そこで悩むのが消費税の扱いです。 消費税を請求書にのせる必要があるのか、それとも消費税は不要なのか。 今回はそんな海外企業との取引のうち、日本にある企業が海外企業に対して「役務の提供」 […]

  • 2018年5月29日
  • 2018年5月29日

会計期間と事業年度。個人と法人の違いって?

個人と法人。 事業を行っていく上では、一定期間における所得計算が必要となります。 その一定期間が、個人の場合は「会計期間」であり、法人の場合は「事業年度」という言葉で表されます。 計算期間としての概念は同じですが、少々取り扱いも異なりますので、その違 […]

  • 2018年5月28日
  • 2018年5月28日

個人と法人の『繰越欠損金』の違い。結論は3年と10年

『繰越欠損金』をイメージで表すと、「黒字分 ー 過去の赤字分 = 節税」といったところでしょうか。 事業を始めたばかりの方にとって『繰越欠損金』という言葉は、あまり馴染みがないかもしれません。 しかし、一人経営者やフリーランスが増えることが見込まれる […]

  • 2018年5月1日
  • 2018年5月1日

「資本金等の額」と「均等割」の関係。ざっくり解説します

会社が必ず払わなくてはならない税金である「均等割」 「赤字なのになんで!」と最初は思いますが、実はコレ法人が稼ぐ “利益” に対して課されるものではなく、”法人の住民税” なのです。 会社は法人カテゴリーの中の一つ。 法人はそ […]

  • 2018年4月24日
  • 2018年4月25日

自己株式取得時の仕訳、そして会計と税務の違いについて

自己株式の取得。 大手企業のみならず中小・小規模企業においても、日常的に行われるようになりました。 そこで注意したいのが、自己株式の「取得」に伴う税務上の取り扱いです。 思わぬ追徴課税を受けないように、知識の備えをしておきましょう。   ※ […]